SYM T1

今回調べたSYM T1 125 は、SYMという台湾バイクブランドの125ccバイク。
最初は台数限定として輸入されていたが、発売三か月後にはSYM取扱店にて通常販売されるようになった。 徐々に認知されるようになったが、まだまだ認知度は低い模様。
この子は125㏄購入検討リストの仲間入りを果たせるだろうか?
詳しいスペックは以下参照
http://www.atlas-kk.co.jp/bike_detail.php?bike_no=195

燃費

30~40Km/L
「今のところ30キロを切ることはない」とのレビューあり。

価格

工賃込みで27~30万円
大体28万円前後が多い模様。
このバイクに決めてる方は保証内容でバイクショップを決めるといいでしょう。

装備

メーター

オドメーター、スピードメータはもちろん、燃料計を装備。
注目なのは電圧表と時計まで装備しているところ。 ただし、オドとトリップ、電圧と時計はスイッチで切り替える必要あり。

センタースタンド装備

センタースタンドを装備しているので整備が楽になります。

良い点

地味に充実したメーター

オドメーター、スピードメーター、燃料計、電圧表、時計……とにかく充実している。
シフトインジケーターは装備されていないが、大きな減点にはならないでしょう。

タンク容量

14Lも入ります。
長距離ツーリングも安心。

安定性

155kgと重量があるので、「比較的安定するし、疲れにくい」とのレビューあり。
コーナーも曲がりやすい模様。

日本語マニュアル

HPから日本語のマニュアルをダウンロードできます。
http://www.sym-jp.com/om.html

注意点

パワー不足?

車体が155Kgもあるため、加速に難があるようだ。

ヘッドライト

「暗い」という意見が多い。
気になる人は交換したほうがいいです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B003YGBXXU/motosoku-22/ref=nosim/

収納・積載

収納・積載が皆無。

給油がしにくい

「給油するときガソリンが見えないからどこまで入ったのかが分かりにくい」とのレビュー多数。
ただ、「それが唯一の欠点」と言うほど気に入っている方も多い。

まずはオイル交換?

「ギアが入りにくくて、オイル交換したらなおった」との報告あり。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002TUKJRI/motosoku-22/ref=nosim/

ちなみに

「振動が大きい」というレビューと「振動は気にならない」というレビューをよく見かけました。
YBRを乗っている人は「振動が大きい」、GNを乗っている人は「振動が小さい」と感じるようでした。

動画

参考サイト

※この記事に乗っている情報は、ネット・個人の体験談をもとにしています。
情報に誤りがあった場合は教えていただけると幸いです。
また、モト速では「こんなバイクおすすめ」や「このバイクのこのトラブルどうすればいいの?」などの質問がある方はメールフォーム等からご連絡ください。
ネット上で調べてまとめ記事として紹介していこうと思います。