タイのバイク事情

今回はタイのバイク事情。
親日家が多いといわれているタイ王国。
調べてみると、この国も日本とは違いなかなか面白いバイク社会だった。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478045356/motosoku-22/ref=nosim/

小型バイクが主流

125㏄以下のバイクが主流。
これは以下の点などが原因と考えられます。

  • 150㏄を超えるあたりから、税金が跳ね上がったり規制が厳しくなる
  • 道がとにかく混雑する! 車体が大きくなるとすり抜けするときに不便になる。

日本の四大メーカーのバイクが多い

「HONDA」「YAMAHA」「SUZUKI」「KAWASAKI」が現地生産を行っているからか、これらのバイクが多い模様。
ちなみに、「Tiger」という国営のメーカーも人気がある。

ノーヘルはアウト

以前はノーヘルOKだったようですが、今はダメです。
それでもメットなしで走っている人は結構いるし、警察も結構適当な模様。
「なんだよ、ダメって言っても捕まらないんじゃん!」
とか考えてノーヘルで走ると捕まるかもしれません。
その時は「なんだよ!普段は捕まえないくせに!」とか考えないで「この人はちゃんと仕事をしてるんだな」って考えるようにしましょう。
ちなみに、フルフェイスのヘルメットはあまり普及していない模様(暑いから?)。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B004EI3QAA/motosoku-22/ref=nosim/


路面が悪い

最近では大分改善されてきたようだが、舗装されていない・凸凹が多い道路が多い。
そのためバイクのホイールも安定性を出すため14インチ以上のものが多い。
また、釘が落ちていることも多く、パンクも結構ある模様。
ウワサによると「バイク屋付近は釘がめっちゃ落ちてる」とか……。

オイル交換の周期

日本とは違い、温度などの関係でオイル交換の周期は短めな模様。
ただ、それを守っているかどうかは怪しい。

バイクタクシー

ベトナムにもあるが、タイにもバイクタクシーがある。
通常のタクシーと違い、混雑時も比較的スルスル進むことが出来るので利用者は結構多い。 特長としては以下の通り。

  • オレンジ色のチョッキが目印。最近はゼッケンだったり、別の色だったりする。
  • 運賃は、運転手の言い値と交渉しある程度下げれる。ただし、バイクタクシーのステーションには料金が掲示されていることがあるので、その場合は交渉は難しい。
  • 「ヘルメットくれ」と言わないと貸してくれないことが多い。逆に言う前にメットを渡してくれるのは優良ドライバーと考えてもいいかも。メットの着用義務はあるので「メットない」とかいうバイクタクシーは利用しないほうがいい。
  • 平気ですり抜けをする・凸凹道等の要因から、心臓にはよくないかもしれない。
  • 転倒したら「俺は運が悪かった」とあきらめる必要がある。

参考サイト

※この記事に乗っている情報は、ネットの情報をもとにしています。
情報に誤りがあった場合は教えていただけると幸いです。
また、モト速では「こんなバイクおすすめ」や「このバイクのこのトラブルどうすればいいの?」などの質問がある方はメールフォーム等からご連絡ください。
ネット上で調べてまとめ記事として紹介していこうと思います。